小児歯科



┃お子様は大人の縮小版ではありません。

お子様は大人の縮小版ではありません。
小児期には成長と発育という大人とは違う観点が必要となります。
成長と発育を見据えて、健全な口腔内、そして将来的にも健康な生活を維持していくための基礎づくりをしていく場所、それが小児歯科だと考えています。

img
歯科衛生士が外部機関にてお子様の予防教室を行ったりしています。
お気軽にご相談ください。


┃ライフステージを考えた予防プログラム

予防プログラムはお母さんのお腹の中に赤ちゃんが宿った時から始まります。
長い一生の中で歯科がサポートすべき健康プログラムがあります。
生涯を通じてセルフケア(ご自分でのケア)とプロフェッショナルケア(歯科衛生士によるPMTC)を組み合わせることで疾患を未然に防ぐことが可能になります。

img


┃むし歯予防について

感染の窓

お腹の中にいるときは、あかちゃんは無菌状態です。
しかし、19~31ヶ月頃、乳歯が生えそろうあたりに周囲よりむし歯菌の初感染が生じ、お口の中に定着するといわれています。

主体は保護者のかたにある

お子様が小さいときは予防の主体は保護者の方にあります。
当院ではそれを全力でサポートしたいと考えています。

むし歯が無いことが目的ではありません。
子供達が自分で自分の健康を守っていくことが出来るようになること。
何よりも大事なことは、自分自身を大事にしていくことが出来るようになることだと考えます。

青森県のむし歯事情

平成23年度歯科疾患実態調査では平成17年の調査よりむし歯の本数は減っています。
しかし、青森県は全体でむし歯の本数が未だに多い傾向にあります。

年齢とともに永久歯のむし歯が増えていることに変わりはありません。
突然に自立を迫られても、基礎が出来上がっていないために衛生状態が疎かになっているのが原因と考えられます。

img
まだ子供たちが完全に手を離れる前に、自分で自分の健康を管理できる環境を整えなければ、時期を過ぎてしまっては遅すぎるということを表しているのです。

唾液検査

唾液を調べることで、むし歯の原因と予防方法が解ります。
・むし歯の原因菌の量が解ります
・お口の中の健康度や危険度の把握が出来ます。
・予防プログラムからむし歯リスクを下げることが可能です。

img
※この方は中等度のリスクであることがわかります。
う蝕が進行する可能性のある歯に対して、予防処置をとることが望まれます。


┃歯周病の予防
1歳~15歳(平均年齢8.3歳)までの子供において、歯周病菌を多く保有している親の子供は同じ細菌を保有する確率が高く、また歯周状態の悪い母親の子供には歯周病原細菌の検出率が高いことも報告されています。

歯ブラシだけでは落とすことが出来ない歯周病原性プラークの除去が確実に歯周病を予防する方法であることが判っています。
お口の中はさまざまな要因にさらされ変化していきます。変化にいち早く気付き対応していくことが最大の防御であると考えます。


▲ページTOP

© 2015 YAGIHASHI FAMILY DENTAL OFFICE