インプラント



┃歯を失ってしまったら

不幸にして歯を失ってしまったら、欠損してしまった部分を補うためには、現在の治療技術では、前後に橋渡しできる歯牙が残っている場合は「ブリッジ」、あるいは「入れ歯」などを用いるのが一般的でした。
それに第三のオプションとして「インプラント」が入ってきました。
「ブリッジ」、あるいは「入れ歯」にて十分に機能を回復させられる方は沢山いらっしゃいます。
しかし、もし患者様が義歯をいれることでコンプレックスを抱えていらっしゃるとしたら、人前で笑うことも躊躇されることがあるとしたら、それがどんなにきれいな義歯でも成功とは言えないでしょう。
そのための第三のオプションが「インプラント」なのだと思います。

インプラント治療とは

失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

img

当院のインプラントシステム

当院ではアストラテックインプラントを採用しています。
世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発された生体親和性に優れ、長期的安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。
1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。
数多くのインプラントメーカーがありますが、インプラントは長期にわたって機能するもの。
しかし、長期になればなるほどトラブルが発生する可能性は高くなります。
そのために10年後、20年後でもしっかりと対応してくれる可能性の高いメーカーを選ぶべきだと、私は考えます。

安全な手術のために

インプラントを骨の中に埋め込むには手術が必要です。それがインプラントの最大の欠点であると思われます。誰しも痛い思いはしたくないはずです。

しかし、歯を失うに至った原因があります。その回復にはインプラントを埋める土台である骨を作るところから始めなくてはならない場合もあります。
安全に手術を行うためには十分な計画が必要です。

それは時には何度も足をお運び頂くことになるかもしれません。
CTを撮影して頂かなくてはならないかもしれません。
しかし、安全な計画のために必要となる場合があることをご理解頂きたくお願い致します。

img


┃インプラント後のメンテナンス

インプラントで機能回復が完了した後でも定期的なメンテナンスが必要です。
患者様と当院のチームとでたどり着いたゴールを出来るだけ長く機能して頂くために、定期的なメンテナンスをお願いしております。

インプラントは長い期間お口の中に留まるものです。しかもそれは人工物であることを忘れてはなりません。
人工物は変化しませんが、天然のご自分の歯の部分は変化していきます。
その変化を早い時期に見極めるために定期的なメンテナンスは欠かせないと考えております。

皆様の健康で活動的な生活をサポート出来るよう、私どもは努力していきたいと考えております。


▲ページTOP

© 2015 YAGIHASHI FAMILY DENTAL OFFICE