当院について



┃診療方針

ファミリーデンタルオフィスとは、地域の皆様にもっとも身近な医療で、特定の歯科疾患に偏ることなく、疾患を幅広く診療し、患者様の健康維持と疾患治療に対し、必要な専門医と連携しながら、継続的に責任を持つ、予防型診療所を目指します。

img

img

img

img

私共の歯科医療への考え方

その歯は一時的な修理で良いのでしょうか?なぜそこにむし歯が出来たのか、なぜその歯を抜かなければならなかったのか、考える必要は無いのでしょうか?私どもは決してそうではないと考えます。

口腔(お口)は消化器官、呼吸器官、言語器官、そして感覚器官の一部でもあります。
口腔粘膜そして歯牙をとりまく歯根膜は非常に鋭敏な感覚器官であり、髪の毛一本の不快さも感じ分けるとともに、様々な食塊の硬さ、感覚を感じ分けます。
それは、食を通じての生命保護の一手段であるからです。
このように口腔が生命に重要な関わりを果たしていることを、私たちは忘れがちです。

全てのものには原因があり結果があります。
原因を追及し取り除かなければ、また同じことを繰り返します。
私どもは手法の全てを動員してその要素を見つけ出し、お伝えしなければなりません。
その為に、必要な検査があります。
正しい診断のために必要な情報があります。
多くの要因は生活の中にあります。
体内、体外の刻一刻と変化していくあらゆる事象に反応し、お口の中も常に変化し続けます。

なぜ、そうなったのかをご一緒に考えましょう。
”治療する側”と”される側”の関係ではなく、一緒にこの難局を乗り越えていく同士でなければなりません。
歯科医療の提供側は神様ではありません。
たった一度の診査で全てが判るほど、人間は簡単な存在ではないはずです。

思った以上に長い時間がかかる場合もあります。
予想以上の苦労が伴うときもあります。
一緒に頑張って下さった患者さん方にいつも感謝せずにはいられません。
歯科医療はもっと身近なものでなければなりません。
医療人である前に一人間として、眼前の命と尊厳を守っていくことに少しでも寄与することが出来るなら、そのことに歯科医療の誇りと価値があることを願ってやみません。

健やかな一本の木の成長が、豊かな森を育てるように、地域の皆様の健康で快適な生活を守り育てていくことのできる歯科医療を実現していくこと、それが私どもの願いです。
院長・医学博士
八木橋 靖子


┃やぎはしファミリー歯科のミッション

いま、歯科医療界は大きな転換期を向かえています。日本は経済大国でありながら、医療費の総額は非常に少なく押さえられてきました。
しかしながら、新たな技術の進歩と世界的にも引けをとらない歯科医療を提供し続けて来たのは、先人の方々の多くの努力があったからに他なりません。
私どもは常に、患者様の健康を預かっているのだということを忘れてはなりません。
私どもも含め多くの歯科医院は女性メンバーによって支えられています。
家族の理解と協力がなくては、女性が仕事を続けていくことは厳しいと感じます。
メンバー一人一人のやさしさと厳しさが医療を根底で支える土台になると私どもは考えております。

一人一人が、プロの技術と思いやりの両輪のそろった医院を実現させ皆様に感動をあたえ続ける歯科医療を実現すること。
常に最善を尽くし、皆様の健康を増進させられる歯科医療を提供すること。また、斬新なアイディアで医療をこえ、楽しみつつ世の中を進化させ、世の中全体に貢献し続けること。
それが私どものミッションであると考えています。

やぎはしファミリー歯科はチーム医療を目指しています

それぞれのメンバーが、それぞれの立場で一人の患者様の治療の始まりからメンテナンスまでをサポートしていくチーム医療を私どもは目指しています。

img

歯科衛生士(DH)

img

一度治療してしまってもその後のケアで修復物の寿命は長持ちさせることが出来ます。欧米では、それを証明するデーターが蓄積されつつあります。
そのための主役は患者さんであり、歯科衛生士です。歯科医師とパートナーとなり、患者様へ真の予防を提供するチームの一員としての歯科衛生士は、これからの歯科医療に大きく貢献していくことでしょう。

クオリティーマネージャー(QM)

クオリティーマネージャは「オフィスの品質を上げていく仕事」を担っています。
当院のモットーである、「清潔な診療空間」をチェックし、器具の滅菌の行程などを管理しています。
患者様がより治療内容を理解しやすいような工夫をしたり、業務の進行状態の把握、リスク管理、円滑な治療を行なうためのタイムスケジュール管理など、様々な分野を担っているなくてはならない存在です。

トリートメントコーディネーター(TC)

トリートメントコーディネーターは、患者さんとDrの間に入り、Drの説明で分からないところを補足したり、患者様の不安な気持ちをうかがい、それをDrに伝えたり患者さんとのコミュニケーションを中心業務とする専門職のことで、アメリカのクリニックでは『欠かせない存在』と言われています。トリートメントコーディネーターは患者さんと医院の重要な掛け橋となっています。


┃プレイルーム
img

プレイルーム 時間・曜日
火・金曜日 9:30~12:00まで

診療時間、保護者様・ご兄弟様の治療中、保育士がお子様の世話をいたします。恐れ入りますが、混み合いますので、こちらもご予約をお願いいたします。

保育士のいるプレイルームについて

img

お母様の環境の変化により口腔内にも変化が現れます。
つわりの時は嘔吐などによってお口の中が酸性に傾き、むし歯が出来やすくなります。出産後も赤ちゃんへの授乳や、離乳食期の食事回数の増加、あるいは女性ホルモンに影響を受ける歯周病菌の活発化。大きな変化にさらされることで、むし歯や歯周病が増悪することによって脱落していくのです。
1歳半から3歳がむし歯菌の感染しやすい時期といわれています。お母様のお口の中のむし歯菌の数が多いと子供がむし歯になる割合が高くなります。
逆に、ミュータンス菌(むし歯の原因菌といわれています)を大量に持っているお母様が定期的に歯科医院でお口の中のクリーニングを受けている場合、ミュータンス菌に感染する子供の割合は非常に少なくなることがわかっています。
お母様のお口の中の健康がお子様の健康を守ることに繋がるデーターです。
最近、注目されている「イクメン」のお父様方も、ご自身の健康がお子様方を守ることに、どうぞご注意下さい。お子様のむし歯予防は-1歳から!!お母様のお腹の中に宿ったときから既に始まっているのです。

img

img

私自身が小さな子供をかかえての歯科治療を受けた苦い体験があります。ボストン在住2年目の冬。私の前歯がポッキリと折れてしまいました。
その治療にdental officeに通う間、2歳の娘を誰が面倒をみているのかが、非常に大きな問題でした。
2歳の娘は人見知りが激しく、なかなか母親から離れない状態でした。
子育て中で、周りに子供をみてくださる人がいない環境では、歯科に通うことも大変です。
核家族が進んだ現在では珍しい話ではなくなりました。開業するときに、子育て中のお母様もきちんと治療出来るように。それが、お子さんの予防にも繋がることを考えてプレイルームの構想を練りました。
親は子供を得ることによって親として成長していくのだと思います。ただその変化は著しく、時には自分を見失うこともあります。
時代は変わり、文明は発達しても、子供の本質は何も変わりません。時には子供が「原始人」に見えるときさえあります。
しかし、太古の昔から、進化の過程で連綿と続いてきた生命の神秘を思うと、次世代に命のバトンを渡すという役割と責務、そしてなによりも得難い恵みをいただいたことを、私もまた、一人の親として感謝せずにはいられません。

若いお母様方の中には情報量が少ないために無益な心配をされる方もいらっしゃいます。また、情報がないために食事の与え方が間違っていた方もいらっしゃいます。
どうぞ、プレイルームを賢くご利用下さい。必要な情報をご提供し、お母様とお子様の健康をお守りする手助けができることが私どもの願いです。


┃当院の日常風景

受付業務

img

次回のアポイントやご相談など、お気軽にどうぞ。

カウンセリング

img

患者様とのコミュニケーションを大事に、様々なお悩みにお応えします。

治療で不明な点などもお気軽にご相談ください。

患者様が安心してストレスなくご来院頂けるよう、「ファミリーデンタルオフィス」として、スタッフ一同研鑽してまいります。


▲ページTOP

© 2015 YAGIHASHI FAMILY DENTAL OFFICE