院長・スタッフ紹介



┃やぎはしファミリー歯科のメンバー

院長・歯科医師 八木橋 靖子

img

経歴

1986年
青森県立弘前高等学校卒業
1994年
北海道大学歯学部卒業 歯科医師
1998年
弘前大学大学院医学部研究科修了 医学博士
研究テーマ
「口腔ガンにおけるサイトカインの産生」

秋田県鷹巣町北秋中央病院 歯科口腔外科勤務
2001年~
2003年
夫のボストン留学の為同上退職。渡米。

ボストン滞在中 Bicon Implant Centerにて短期研修。
2005年3月
やぎはしファミリー歯科開業
日本ヘルスケア歯科研究会 など

所属学会

日本口腔外科学会
日本歯科麻酔学会
北日本インプラント研究会
日本ヘルスケア歯科研究会 など

img
img



歯科医師 清水 美奈子

img

経歴

1994年
日本歯科大学新潟歯学部卒業
2000年
日本矯正歯科学会「認定医」取得
2008年
日本エステティック協会 「認定エステティシャン」取得
「かづきれいこ フェイシャルプランナーコース」卒業
2009年
NFA(国際エステティック連盟)認定
エステティシャンゴールドマスター取得

主任歯科衛生士 浅利 博子

img

経歴

青森歯科衛生士専門学校 卒
歯周病各種セミナー受講

コメント

「患者様のお口の健康を保つ為にお手伝いさせて頂きたいと思っております。今までの経験を生かしてがんばります。」

歯科衛生士 吉田 喜淑

img

経歴

青森歯科衛生士専門学校 卒
歯周病各種セミナー受講
床矯正アドバンスドセミナー受講

コメント

「お口の中の健康を保ち、帰りには笑顔で帰っていただけるよう心がけています。」

クオリティーマネージャー 伊藤 知恵

img

経歴

秋田大学教育学部小学校課程 卒
トリートメントコーディネーター養成講座終了
医療事務管理士

コメント

「患者様が安心して通院していただけるような雰囲気作りを心掛けています」

トリートメントコーディネーター・医療事務 成田 知恵美

img

経歴

横浜商科大学商学部貿易観光学科 卒
医療事務管理士
トリートメントコーディネーター養成セミナー 修了

コメント

「受付を担当しています。毎日患者様といろいろなお話が出来て楽しいです。気軽に話しかけて下さいね。」

保育士 藤田 美香子

img

経歴

東北女子短期大学保育科 卒
保母資格
幼稚園教諭2級普通免許状

コメント

「いつも笑顔で!!をモットーにしています。」

受付・院長秘書 中野 朝子

img

経歴

弘前大学教育学部中学校教員養成課程音楽科 卒

コメント

「秘書の仕事や受付の仕事をしています。毎日いろいろな発見があり、患者様が喜んでいただけるとうれしいです。」


┃院長インタビュー

Q1:歯科医師を志した理由は?
A1:最初は、医学部に行こうと思っていたんです。

その前は物理学をやりたくて。
ただ、なんの職業であっても

「人の役に立つ仕事がしたい」

これは、幼い頃からずっと思ってたことでした。
何か1つを突き詰めるような仕事ができれば、人の役に立つことに繋がるだろうなって。

一度他大学入学したのですが、そこから歯学部に入り直して、歯科医師になりました。

Q2:歯科医師になってなかったら?
A2:中学生の頃からすでに、研究者になりたい!って思っていました。

「キュリー夫人の伝記」を読んで、ああいうふうになりたい!って思ったんですね。
NASAで働きたいって(笑) 難しいですけどね。

歯科医院を開業してなければ、ずっと大学に残って研究していたかったと思いますね。

Q3:趣味・特技は何でしょう?
A3:読書(小説・経済) カラオケ(年に2,3回)
 
     〜18番はなんですか? 〜

歌のお姉さん的な歌ですねかね・・・。
だんご3兄弟とか(笑) 
私、早口じゃないので、今の歌は歌えないんです(笑)
学生時代に合唱部にいたので、その影響かもしれませんね。

あとは、何よりも子供と一緒にいる時間がとても大事だと思ってます。
一緒に宿題したり、今日の出来事を聞いたり。
他愛のないことですけど、今しかできない大事なことですよね。

私にとっては、とても幸せを感じる時間ですね。

Q4:予防型歯科医院について教えて下さい。
A4:話すと長くなるのですが、簡単に(笑)
単純なことなんですが、基本は予防かなとずっと考えていました。
出来れば治療しなくていいのが最善ですよね?

治療しなくていいような状態に持っていきたい!
一旦、治療になったら再治療までの期間を伸ばす治療にしたい!

包括的に患者さまの状態を把握することが大事だと考えています。
病気にならないために来院して頂くのが、本当の理想ですね。
詳しくはこちら

Q5:矯正治療に力を入れてらっしゃいますが
A5:きっかけは、子供さんが多く来院されるところから始まったんです。
結構、歯並びが悪いお子さまが多くて・・・ 
根本的に解決するためには何が必要か? 色々頭を悩ませました。

その答えが矯正治療だったんです。
それから、矯正について勉強を始めました。

子供から老人まで変化をしていきながらも、人体としての根幹は変わらないはずです。その為の歯科治療も全ての知識が統合されなければいけない!
そんな診療じゃないといけないと思うんです。

「動的な平衡」という言葉がありまして、変わらないと言うことはあり得ないのが現実ですが、〜つねに変化していく状態に適応して、その中に収まっていく〜これが目標ですね。とても難しいことです。
詳しくはこちら

Q6:マイクロスコープを導入されたきっかけは?
A6:歯科の治療の失敗は、ギャップなんですね。
見つけらない細かいところを見過ごしてしまったら起こりうることなんです。
 
「見えないものが見える」これが全てかなと思います。

自分が歳を重ねたら目も見えなくなっていきますし、その前からマイクロを入れておかないと治療スキルも上がらない。
そう考えて、早い段階で導入しました。

~主にどんな時に使用されてますか?~

根管治療(歯の根っこ)がメインです。他には、セット前の確認・形成の確認などで使用することが多いですね。

Q7:ケアグッズにこだわりがありますが
A7:はい。実は市販品の検証を行ったことがありまして(笑)
皆さんが、自分に合ってるかどうか解らないままグッズを購入するのは、理解はできるんです。CMでも魅力的に宣伝されていますものね。ですが、危ないものは使って欲しくないんです。当院では、
・危なくないもの
・歯科でしか買えないもの
・これじゃないと効果が出ないもの
そういったものを患者さまにご紹介してます。

お口の中の症状により、的確なケアグッズを使用することで、症状の軽減や、長期的なメンテナンスが期待出来ますので、どうぞ、お気軽にご相談頂ければと思います。

Q8:入れ歯治療についてお聞かせください。
A8:目標は、「出来るだけ長く使えるものをご提供したい」です。
壊れないように、その前の処置をしっかり行いたいと思ってます。
噛み合わせが悪いと 壊れやすかったりしますし。

入れ歯を入れて頂いて、健康になって美味しいものを食べていただければ、本当に嬉しいですね。

Q9:みなさんに一言
A9:いろんな人に助けられて、生かされているのだと思っています。自分が出来ることは限られていますが、来院された方に対して、BESTの治療をご提供することが出来れば、そのお返しになるのかなあと思っています。 

少しでもお役に立つこと。 

これが全ての軸で、来院された患者さまのお口の健康に携わっていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。


▲ページTOP

© 2015 YAGIHASHI FAMILY DENTAL OFFICE